TOPICS(特集)

HOME > TOPICS(特集) > 2018.02.02 2018年度「連合・愛のカンパ」助成に関する申請手続きについて

TOPICS(特集)

2018年度「連合・愛のカンパ」助成に関する申請手続きについて2018.02.02

 データ本部もその一員である、連合は、人道主義の立場から「自由、平等、公正で平和な世界の実現」に向け、社会貢献活動として「連合・愛のカンパ」活動に積極的に取り組んでおり、その集約金はNGO・NPO団体などの事業・プログラムへの支援、および自然災害などによる被災者に対する救援・支援に充てられています。

 今年度も以下の要領で「中央・地域助成団体」が公募されましたので、関連する活動を行っている方は応募願います。  

1.応募対象・資格要件

応募対象は、以下および【別紙1】を参照下さい。
(1)中央助成団体
 ・海外や国内で救援・支援活動に取り組んでいるNGO・NPO団体等の具体的事業プログラム
 ・ただし、株式会社など営利を目的とする団体は助成の対象外
(2)地域助成団体
 ・組合員およびその家族、退職者(家族を含む)が積極的に運営に参加している、NGO・NPO団体等の具体的事業プログラム
 ・地方連合会が日常的な活動で連携し、特に推薦するNGO・NPO団体の具体的事業プログラム
 ・ただし、株式会社など営利を目的とする団体、社団法人、財団法人、社会福祉法人、医療法人、学校法人、宗教法人は対象外
 ※注意
 「連合・愛のカンパ」運営要領により、「中央・地域助成」の支援は1年単位で行ない、原則として「中央助成」は通算5年、「地域助成」は通算3年を限度とすることが定められています。 

2.対象活動内容

(1)大規模災害などの救援・支援活動
(2)戦争や紛争による難民救済などの活動
(3)人権救済活動
(4)地球環境保全活動
(5)ハンディキャップをもった人たちの活動
(6)教育・文化などの子どもの健全育成活動
(7)医療や福祉などの活動
(8)地域コミュニティ活動(レクリエーション活動は除く)
(9)生活困窮者の自立支援活動 

3.応募方法

(1)別紙2「助成申請書」ならびに別紙3「助成希望事業プログラム内容申請書」に必要事項を記入し、必要資料(※)を添え、各分会で取りまとめの上、データ本部へ提出して下さい。
(2)データ本部から情報労連へ提出し、情報労連での審査をふまえ、連合へ提出します。
【※必要書類】
 提出書類に不備がある場合は審査対象にならないためご注意下さい。
 1.「連合・愛のカンパ」助成申請書(中央助成【別紙2_1】・地域助成【別紙2_2】
 2.2018年度助成希望事業プログラム内容申請書(中央助成【別紙3_1】・地域助成【別紙3_2】
 3.活動方針
 4.定款(規約)・設立趣意書
 5.役員名簿
 6.決算書
 7.予算書
 8.会計監査報告
 9.活動報告書(中央助成:愛のカンパ助成事業含む/活動報告書(地域助成:役員会開催の有無を含む)
 10.2017年度「連合・愛のカンパ」中央・地域助成事業報告書【別紙4】
(前年度に助成を受けた団体のみ)

4.申し込み要領(期限・提出先)

所属の分会にお問い合わせください。 

5.面談の実施および助成の決定

(1)中央助成団体
 ① 申請後、連合本部が活動計画や内容について面談を行ないます。
 ② 「連合・愛のカンパ作業委員会」にて支援先の事業等を検討し原案を策定します(6月中旬予定)。
 ③ 中央助成を受けた団体は、情報労連中央本部経由で連合本部へ活動報告及び計画を年度毎に提出することが義務付けられます。
(2)地域助成団体
 ① 申請後、当該地方連合会が活動計画や内容について面談を行ないます。
 ② 地方連合会が書類・面談審査を行ない(4月中)、要支援と判断した団体の必要書類を添付し連合本部へ申請します(4月末日)。
 ③ その後、連合本部は各委員会における審議の後、連合中央執行委員会において助成団体を決定します(8月)。
 ④ 地域助成を受けた団体は、推薦を受けた地方連合会経由で連合本部に活動報告及び計画を年度毎に提出することが義務付けられます。


このページのトップへ
RSS RSS